FANDOM


魔女の宅急便
25024.jpg
監督 清水崇
脚本 奥寺佐渡子
清水崇
製作 梅川治男
製作総指揮 森重晃
修健
出演者 小芝風花
尾野真千子
広田亮平
筒井道隆
宮沢りえ
音楽 岩代太郎
撮影 谷川創平
編集 高橋歩
配給 東映
公開 2014年3月1日
上映時間 108分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  

魔女の宅急便は、2014年3月1日に公開の実写版の映画。角野栄子原作の『魔女の宅急便(第1巻)』『魔女の宅急便(第2巻)』を基とした映画作品である。監督は清水崇。

ストーリー 編集

魔女の母から生まれたキキは13歳になったある日、魔女になるための掟に従い、1年間の修行にでる為相棒である黒猫のジジと共にほうきに乗って旅にでる。コリコという海辺の街にたどり着き、一目で気に入ったキキはパン屋の女将・おソノさんのもとで居候を始める。そしてほうきで空を飛べることを利用してお届け屋の仕事を始める。仕事は起動にのり毎日たくさんのお客さんからの依頼で大繁盛。充実した毎日を過ごしていたが、そんなある日、コリコで大事件が起こる。キキはその事件を解決しようとするのだがあることがきっかけで魔法が使えなくなってしまう。今後、キキは無事にコリコで修行を終えることができるのか? 

画像 編集

トレーラ 編集

映画『魔女の宅急便』予告編01:06

映画『魔女の宅急便』予告編

full


関連サイト 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。