FANDOM


近藤 喜文(こんどう よしふみ、1950年3月31日 - 1998年1月21日)は、新潟県五泉市出身のアニメーターアニメーション監督。キャラクターデザイナー。業界では、近藤喜文(こんどうきぶん)と呼ばれることがある。

概要編集

1970年代半ば以降の宮崎駿高畑勲の作品を作画面で支えた。

高畑が『火垂るの墓』、宮崎が『となりのトトロ』と、長編映画を同時に制作した時期は2人の間で近藤の争奪戦が起こった。高畑は「他は何もいらないから近ちゃんだけ欲しい」、宮崎は「近ちゃんが入ってくれないなら僕も降板する」と言ったという逸話が残っている(結局、仲裁に入った鈴木敏夫の、宮崎は自分で絵が描けるからという助言で、近藤は『火垂るの墓』の制作にたずさわった)。米をよそう際、手首に付着した米粒を舐め食べる動作、など高畑アニメが追求する実にリアルな描写の実現は、近藤の強く鋭い感受性あって初めて可能なものだった。

スタジオジブリでは『耳をすませば』の監督を任される(それ以前から近藤が演出をするという宮崎との約束があった為、宮崎が企画を持ってきた)など、宮崎駿・高畑勲の後継者として将来を期待されていたが、1997年の暮れに解離性大動脈瘤で倒れ、1998年1月21日に47歳の若さで死去した。尚、耳をすませばの作成中に宮崎駿と近藤の間では何度も衝突があり、時には宮崎が演出の変更を求めたり脅す様なこともあったという。この事について宮崎は「自分が終わりを渡してしまったようなもの」と語っている。葬儀の出棺の際に『耳をすませば』の主題歌である「カントリーロード」が流された。妻は色彩指定をしていた山浦浩子、息子が一人いる。

ほかに、金曜ロードショーの新オープニングの作画・演出を担当した。好きな漫画家に高野文子、画家にはノーマン・ロックウェルなどを挙げている。

略歴編集

主な作品編集

その他編集

画集編集

参考文献編集

  • アニメ6人の会『アニメーションの本―動く絵を描く基礎知識と作画の実際』(ISBN 4772600795
  • 安藤雅司編集『近藤喜文の仕事―動画で表現できること―』(絶版・ISBNコードなし)
  • 高畑・宮崎作品研究所編『近藤喜文さん追悼文集 近藤さんのいた風景』(ISBNコードなし)
  • 叶精二『日本のアニメーションを築いた人々』(ISBN 4948755788))
  • 新潟日報2003年9月7日掲載記事「アニメーター近藤喜文」
  • ロマンアルバム『おもひでぽろぽろ―アニメージュ特別編集ガイドブック』(ISBN 4197210809

備考編集

『名探偵ホームズ』に登場するキャラクター・スマイリーは、近藤喜文がモデルである。相棒のトッドもテレコム・アニメーションフィルム在籍のアニメーター友永和秀がモデルである。監督の宮崎駿が二人に似せて作った凸凹コンビなのだという。

画文集『ふとふり返ると』からは、その緻密な生活の中のワンシーンを捉える能力の高さを知ることができる。

関連項目 編集

外部リンク 編集

fr:Yoshifumi Kondō

it:Yoshifumi Kondō ru:Кондо, Ёсифуми zh:近藤喜文

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。