FANDOM


徳間 康快(とくま やすよし、1921年10月25日 - 2000年9月20日)は、日本の実業家、映画プロデューサー。

株式会社徳間書店社長(初代)、大映株式会社社長、学校法人逗子開成学園理事長(第5代)、逗子開成高等学校校長(第12代)、株式会社スタジオジブリ社長(初・3代)、東京都写真美術館館長(第3代)などを歴任した。

経歴 編集

神奈川県横須賀市生まれ。

逗子開成中学校を経て、早稲田大学商学部卒業。青年期は共産党員であった。1943年に読売新聞社(現:読売新聞東京本社)に入社、1946年に退社(労働争議、いわゆる「読売争議」が原因と言われる)後、印刷業などを起こし、1954年に徳間書店社長に就任。

東京タイムズ、徳間ジャパン、大映の社長も務めた。母校である逗子開成中学校・高等学校を運営する逗子開成学園の理事長や、東京都写真美術館の館長なども務めた。

映画事業 編集

スタジオジブリ」も参照

作品 編集

映画 編集

関連書籍 編集

  • 佐々木崇夫 『三流週刊誌編集部 -- アサヒ芸能と徳間康快の思い出』 バジリコ刊 2006年 ISBN 4-901784-99-4
  • 金澤誠 『徳間康快』 文化通信社、2010年-各関係者による評伝、後者は1980年代以降に重点を置く。

関連項目 編集


zh:德間康快

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は徳間康快にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。