FANDOM


メーヴェとはアニメーション映画および漫画風の谷のナウシカ』に登場する架空の飛行用装置。メーヴェ (Möwe) はドイツ語で「カモメ」を意味する。作品中ではナウシカの移動手段としてたびたび登場した。

設定編集

メーヴェはかつて存在した工業大国エフタルで用いられた一人または二人用の軽量飛行装置で、一般的に用いられていた移動手段である。ナウシカの時代においては、「風使い」の重要な乗り物となる。

エンジンを備えているが、風の流れなどを利用して滑空する方法が基本で、その推進力は上昇や高速飛行時のみに使われる。劇中では「」とも表現されており、ナウシカは「ガンシップは風を斬り裂くけど、メーヴェは風にのるのだもの」と述べている。

風の谷以外の国でも使用しているかは語られておらず、作中にもエンジンつきのものはナウシカが使用する1機しか登場しないが、原作でチヤルカがメーヴェの事を『エフタル人が使う凧』と語っている。

作品で確認できる限り大きさは全幅約5m、全長約1m、全高約1mほど。色は白。機体中央の上面に操縦者がつかまるための逆U字型の手すりが2つついており、漫画版では「操縦把」と呼ばれている。乗るときは操縦把を持っての立ち乗りか、操縦把の根元付近を握り、間に架かっているベルトを胸のあたりに当て、体を水平に保つ。左右の翼後縁にはエルロンフラップのような可動翼をそなえている。翼は折り畳み可能で、貨物艇バージの翼の中に収納することができる。ロマンアルバム「風の谷のナウシカ」に掲載されているラフスケッチには重さ12kgと書かれており、人間の手で持ち上げることができる。劇中で、蟲達を静めるために光球(ひかりだま)という閃光弾の一種を散布する事ができライフルと「風使いの杖」を収納する場所がある。

動力編集

機体中央部に噴気の反動で推力を発生するエンジンを積み、発進や加速、高速飛行時に使用する。飛行中の再点火、急加速も可能。 作中では、作動時に機体後方から噴出する青い炎を確認する事が出来る。エンジンの製造技術は失われているので、残存する少数のエンジンが代々の風使いに受け継がれている。ナウシカの乗るメーヴェの点火スイッチは、胴体後部にある収納式のペダル。

劇中でトルメキアの大型船が風の谷に墜落し、現れた蟲を腐海に逃がすために発進する際には、急激な垂直離陸をしており、この時は、通常のメインエンジンに加えて機首下面からも青白い排気炎が生じている

補足編集

2003年よりメディアアーティストの八谷和彦らが、オープンスカイプロジェクトと称する、メーヴェに似た「パーソナルジェットグライダー」の製作、飛行実験を行っている。開発当初は「メーヴェ」という名称を使用し、体重50kg未満の女の子が一人乗ることを想定しているとされた。スタジオジブリや宮崎駿が公認しているわけではなく、また八谷も「万一の時にジブリや宮崎駿に迷惑をかけたくない」として、現在はトップページに「メーヴェ」の機体コンセプトを参考に、それを「本当に飛行可能な航空機」として試作し、試験飛行を試みるものですと記述している。

詳細はオープンスカイプロジェクトを参照


関連項目編集

外部リンク編集

  • Open Sky(八谷の手がける飛行装置製作のサイト)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。