FANDOM


めいとこねこバス』は、三鷹の森ジブリ美術館にて2002年より公開されているアニメーション映像。上映時間は約14分。カラー作品。

あらすじ編集

主人公のメイはある日、自宅の庭で、生き物のように振舞う不思議なつむじ風に遭遇する。メイは慌てて部屋に避難するが、つむじ風も部屋の中に入ってきてしまう。好奇心旺盛なメイはそのつむじ風を部屋の中に閉じ込める事に成功する。つむじ風の正体は、親からはぐれたこねこバスだった。メイはこねこバスに自分のキャラメルをあたえ、二人は友達となる。その夜、眠りについたメイをこねこバスが迎えに来る。メイはこねこバスに乗り、夜の空中散歩を楽しむ。やがてトトロたちを乗せた大小様々なネコバス達と共に鎮守の森に到着する。森の奥にはトトロやススワタリなど多くのもののけたちが集まっていた…。

スタッフ編集

キャスト編集

備考編集

  • ジブリ美術館地下一階の映像展示室『土星座』で随時上映されている。
  • 聴覚障害者への配慮から字幕版もあり、1時間に1回上映される。ちなみに字幕版は、全体的にマイルドな音付けに変更しているという。
  • 1988年となりのトトロ』の番外編的な性格を持つ作品である。
  • 美術館用短編の中では、最も人気のある作品である。
  • 基本的に続編、スピンオフなどを作らないジブリでは唯一の同シリーズの作品ということになる。

テンプレート:宮崎駿fr:Mei to Konekobasu th:Mei to Konekobasu zh:梅與小貓巴士

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。